スタイル・エッジについて

役員紹介

島田 雄左

代表取締役社長

専門家の
総合支援を通じて、
知識格差のない社会へ

私は、司法書士として、これまでに数多くのご相談を受けてきました。
悩みを抱える方々を目の前にしながら、
社会にはこんなにも多くの課題があるのかと痛感したものです。

しかし、はじめから相談者の問題解決だけに注力できていたわけではありません。
開業から間もないころは、集客や事務所の経営に頭を悩ませていた一面もありました。

専門的な知識や経験を有する方々が、
人々の課題解決に注力することができ、業界全体が発展していけば、
社会はより良いものになっていくと、私は確信しています。
だからこそ、スタイル・エッジ・グループは、
マーケティング、人材、ITを駆使しながら、
専門家の総合コンサルティング事業を展開しています。

社会が抱える課題を根本的に解決するためには、
専門家だけでなく、市民の知識(リテラシー)を高めることも重要です。

しかし、残念ながら現在の日本においては、
“生きていくための知識”について、
十分に学ぶ機会が設けられていないように感じます。

弊社の事業を通じて、専門家のサービスレベルが向上し、
必要な情報へのアクセスが容易になれば、
結果として「知識格差のない社会」へ近づくことができるのではないでしょうか。

人々が抱える様々な悩みを解決し、
より良い社会を実現するため、これからも社員一丸となって邁進していきます。

鷲野 郁代

取締役副社長

2018年に株式会社スタイル・エッジ入社。社長室の室長として部門横断的に様々な事業のマネジメントに従事する。2019年にグループ会社である株式会社スタイル・エッジCAREERの代表取締役に就任。兼任にて当社取締役副社長就任。事業開発室、キャリア開発室、コールセンター事業、BPO事業、保険事業の統括を行う。

西川 絵里嘉

取締役

2011年に株式会社スタイル・エッジ入社。コンサルティング業務を皮切りに、営業企画室、マーケティング部門等の新規部署の立ち上げやマネジメントを行う。事業拡大に伴い、組織再編や海外での新規事業の展開等、幅広い業務を担当する。取締役就任後は、統括室と内部監査室の室長としてセキュリティ体制の確立をはじめ様々な後方支援を行う。

花咲 圭祐

取締役

2011年に株式会社スタイル・エッジ入社。各種士業クライアントのWebマーケティング支援、コンサルティングをはじめ、初のグループ会社であるスタイル・エッジREALTYの立ち上げなどを行う。現在はスタイル・エッジの取締役として、管理本部長及びコーポレートブランデングの統括とグループ会社の取締役を兼務する。

三ヶ㞍 勇輝

取締役

2020年に株式会社スタイル・エッジへ参画。取締役として、コンサルティング事業部副部長、経営戦略支援室長を兼務。司法書士としての実務経験や組織マネジメントの経験を活かし、業務オペレーションの構築やデータ分析を通して、士業クライアントの支援を行う。

長田 唯世

執行役員

2015年に株式会社スタイル・エッジ入社。士業向け顧客管理システムの構築と運用および各クライアントへのIT支援全般に関わる。グループ会社であるスタイル・エッジLABOの代表取締役として、組織文化形成や人材教育に携わる。2020年8月より当社執行役員に就任。CIO(最高情報責任者)を務める。

深澤 諭史

社外取締役

2010年12月に弁護士登録(第二東京弁護士会)。その後、2013年4月から服部啓法律事務所に参画。インターネット上の誹謗中傷、表現の自由の問題の他、非弁護士行為や弁護士広告にまつわる弁護士法令関連業務を主に取り扱う。2021年3月よりスタイル・エッジの社外取締役として、弁護士法令分野についての知見・助言を提供する。

世一 英仁

社外取締役

デジタルマーケティングを展開する株式会社キュービックでCEOを務める。2006年10月に同社を創業し、戦略企画・組織開発・経営管理・メディア開発・企業買収などを行う。2021年3月よりスタイル・エッジの社外取締役として、マーケティング領域における戦略構築・組織開発についての知見・助言を提供する。