ネクストパラアスリートスカラーシップ〔NPAS〕 次世代のパラアスリート育成のための奨学金制度

スタイル・エッジは障がい者アスリートを応援しています

スタイル・エッジは、
パラリンピックを目指す次世代のアスリートを支援するため、
日本パラリンピアンズ協会が主催する奨学金制度
ネクストパラアスリートスカラーシップ(NPAS)に協力しています。

スタイル・エッジは、「80億の人生に彩りを」を理念に、
人と人が互いに認め合える、社会的弱者のいない社会であるために、
様々な悩みやトラブルを抱える人を助け、
「悩む人の明日をひらく」ことをミッションとしています。
障がい者雇用や支援にも積極的に取り組んでおり、
その一環として障がい者アスリートへの支援も行っています。

障がい者アスリートの最大の悩みは、競技用具などに費用が掛かってしまうこと。

スタイル・エッジは、そんな悩みを抱えるアスリートの夢を、
活動を支える一助となればと思い、今回ご協力させて頂きました。

ネクストパラアスリートスカラーシップ
(NPAS)とは

2017年に創設されたパラリンピック出場を目指すアスリート育成を目的とした給付型の奨学金制度です。
選考基準は主に、競技力、成長の可能性、意欲・資質を総合的に判断し、選考委員会にて正式に決定いたします。

選考委員会

委員長
河合 純一 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 会長
副委員長
金弘 厚雄 株式会社スタイル・エッジ 代表取締役
委員
井田 朋宏 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会 強化部長
田中 暢子 桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部スポーツ健康政策学科 准教授
大日方 邦子 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 副会長
初瀬 勇輔 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 理事

奨学金及び副賞

  • 50万円/年を支給(給付型)
  • 日本パラリンピアンズ協会が実施する各種勉強会への参加
  • 日本パラリンピアンズ協会の理事による相談、支援
  • 語学習得(英語)のサポート

など

主催
一般社団法人日本パラリンピアンズ協会
後援
公益社団法人日本障がい者スポーツ協会
協力
株式会社スタイル・エッジ

事務局

奨学生の紹介

お知らせ

  • NPAS奨学生2020年度3期生の瀬戸勇次郎選手(視覚障害者柔道)がスタイル・エッジ東京本社を表敬訪問されました。瀬戸選手は視覚障害者柔道の男子66kg級において東京パラリンピック出場の最有力候補です。
    今後もスタイル・エッジは瀬戸勇次郎選手を応援していきます。

  • NPAS奨学生2018年度1期生の新田のんの選手(クロスカントリースキー・バイアスロン)が
    2018年平昌パラリンピック冬季競技大会に見事出場されました。
    おめでとうございます。今後もスタイル・エッジは新田のんの選手を応援していきます。

    ©堀切功 ©堀切功

2020年度

2期生継続

高野 頌吾 選手

車いすテニス

この度は2期生継続のご支援を頂きましてありがとうございます。NPAS奨学金を活用させて頂き、この1年間は多くの海外遠征や国内大会への出場ができるようになり、競技成績も大きく向上しました。また、世界中のたくさんのプレイヤーとも繋がりを持つことができました。
「パラリンピックに出場し、表彰台に上る」ことを目標として、2020年度は新たなプレー、戦術などを作り出し、今年の自分を超えて多くの勝利を手に入れたいと思います。また、アスリートとして模範となる行動を今後も継続していきます。ご支援頂いているスタイル・エッジ様のCSR活動への取組みに重ねて御礼を申し上げます。

唐司 あみ 選手

ボッチャ

私は今年度、東京パラリンピック出場を目標に日々練習に励んできました。強化指定選手として、国際大会への出場をはじめとした大変貴重な経験を通じて多くのことを学ぶことができ、とても濃い1年間でした。また、スタイル・エッジ様のご支援のおかげで、新しいボールの購入や地方大会への出場が可能となりました。本当にありがとうございます。
今後は、女性枠ではなく、自分の力で上り詰められるようコツコツと努力を積み重ねたいと思います。そして将来は、たくさんの人にスポーツの可能性や面白さを伝えることができ、みんなから愛される選手になりたいです。これからも、諦めずに何事にも前向きに臨んでいきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

柳本 あまね 選手

車いす
バスケットボール

学生の車いすパラアスリートの多くは、競技にお金が必要であるにもかかわらず、車いすであるためアルバイト等ができず、自分でお金を稼ぐことができません。そのため、競技を続けていく上で金銭面の負担がとても大きいのが現状です。ですが、NPASの奨学金を頂けることで、遠征や合宿への参加もしやすくなりますし、必要な備品を揃えることができ、更に練習に力を入れることが可能になります。私自身もそのうちの1人でして、このような支援を頂けたからこそ代表活動に専念することができています。あらためてスタイル・エッジ様の支援に感謝申し上げます。
2020年の東京パラリンピックに私は必ず日本代表選手として出場し、チームの目標として掲げているメダル獲得ができるよう、更なる練習に励んでいきたいと思います。

3期生

川合 雄大 選手

車いすテニス

このたびはNPAS奨学生に選んでいただき、ありがとうございます。
3期生として恥じないよう、日々の練習に励み、車いすテニスという魅力あるスポーツを1人でも多くの人に伝えていきたいと思っております。
スタイル・エッジ様のご協力で来年度は海外遠征を増やすことができます。海外へ行くことにより様々な人とのコミュニケーションを図りながら技術向上を目指します。
現在世界ランキング169位ですが、100位以内を目標に努力したいと思います。
将来、パリ・パラリンピックに向けて出場できる実力をつけていきますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

福田 果音 選手

水泳

©五十嵐満

このたびはNPAS奨学生に選んでいただき、ありがとうございます。
3期生に選ばれたことで、今まで以上に競技に対する意識が高まり、日々の練習にも全力で取り組むことができています。
どんな困難も乗り越えていけるような強い気持ちで、「パラリンピックに出場しメダルを獲る」という大きな夢を叶えるために努力していこうと思います。
これからも、応援してくださる方々や、ご支援いただくスタイル・エッジの皆様への感謝の気持ちを忘れずに、日々頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

瀬戸 勇次郎 選手

柔道

このたびは、ネクストパラアスリートスカラーシップ第3期生に選出いただき、ありがとうございます。
今回いただいた奨学金は、競技力の向上や学業に活かすために使わせていただきます。まずは、2020年の東京パラリンピック出場、メダル獲得に向けて日々励んでまいります。
そして、東京だけでなく、その先のパラリンピックでも活躍できるような選手になるとともに、将来は視覚特別支援学校の教員となり、子どもたちにスポーツの楽しさを伝えることを通して障害者スポーツの普及や発展に努めたいと思います。

2019.12.14 2020年度NPAS授与式に弊社取締役 人事部長の花咲が授与者として出席しました

2019年度

1期生継続

船水 梓緒里 選手

車いすテニス

©本間正広

NPAS第1期生に選出いただいたことで、競技に対する意識も高まり、何事にも前向きな気持ちで取り組んでおります。今年は、受験勉強と競技活動との両立に苦しんだ1年でしたが、多くの海外遠征をすることができ、車いすテニス競技を始めた時に掲げた「世界ジュニアランキング1位」という目標を達成することができました。また、英語学習プログラムにより、英語でのコミュニケーション能力をあげることができました。
今後につきましても、スタイル・エッジ様をはじめ、ご支援いただいた皆様への感謝の気持ちとNPASの求めるアスリート像を忘れずに、より一層、競技力向上に励み、パラリンピック出場を目指してまいります。

古澤 拓也 選手

車いす
バスケットボール

今年1年、車いすバスケットボール男子日本代表として多くの海外遠征や国際大会に出場してきました。中でも7月に行われたコンチネンタルクラッシュでは良いパフォーマンスを発揮することができ、オールスター5という個人賞を獲得できたことも自信につながりました。
NPAS、スタイル・エッジ様のサポートにより日頃からトレーニングからケアまで最大限に気を使いながら過ごすことができていることがパフォーマンス向上出来ている要因だと考えております。誠に感謝申し上げます。
来年度も東京パラリンピックに向けて無駄のない日々にしたいと思っているため、お力添えお願い致します。

橋本 勝也 選手

ウィルチェアー
ラグビー

©JWRF/ABEKEN

この度は昨年度に引き続きNPAS奨学生に選ばれたことに誠に感謝しています。奨学金はグローブやテーピングなど競技において必要な備品の購入費、チーム練習の遠征費に利用し競技力の向上に繋がりました。東京2020まで残り僅かですが、代表に選ばれ1分、1秒でも長くプレーできるように練習に力を入れていきます。
最後になりましたが、ご支援いただくNPASとスタイル・エッジの皆様への感謝の気持ちを忘れずに日々精進してまいりますので今後もどうぞ宜しくお願い致します。

2期生

森 宏明 選手

パラノルディック
スキー

この度、NPAS2期生に選出していただき大変光栄に存じます。私自身、競技活動を続けていくうえで悩みの中心は、常に費用の問題でした。今回、皆様のご支援を受けて競技力の向上へと繋がれるよう日々精進して参ります。ありがとうございました。

柳本 あまね 選手

車いす
バスケットボール

この度はご支援を頂き、誠にありがとうございます。来る2020に向けて今後更に遠征等も増え、費用の面で負担がとても大きくなります。ですが、今回支援をして頂けることにより、競技に集中することが出来ます。東京パラリンピックに向けて練習にももっと力を入れていきたいと思います。

唐司 あみ 選手

ボッチャ

この度はNPAS奨学生に選んでいただきありがとうございます。ご支援いただく皆様への感謝を申し上げるとともに、パラリンピックを目指し練習に励んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

高野 頌吾 選手

車いすテニス

©本間正広

この度は、NPAS奨学生に採用していただきありがとうございます。第2期生としての感謝の気持ちと共に、期待に応えられるよう、これからのプレーを更に向上していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2018.12.22 2019年度NPAS授与式に弊社執行役員の花咲が授与者として出席しました

2018年度

1期生

船水 梓緒里 選手

車いすテニス

©本間正広

この度は、NPAS奨学生に採用していただき、ありがとうございます。パラリンピック出場を目指す私にとって、このような良い環境と良い指導者は欠かせません。第1期生として、ご支援いただく皆様へ感謝の気持ちを忘れずに、日々精進してまいります。

古澤 拓也 選手

車いす
バスケットボール

この度はネクストパラアスリートスカラーシップに選んでいただきありがとうございます。感謝を申し上げると共に東京パラリンピックに出場できるように日々精進していきたいと思います。

新田 のんの 選手

クロスカントリー
スキー

©堀切功

この度は、NPAS奨学生の1期生になりましたことを大変うれしく思っています。ありがとうございます。今まで以上に責任感を持ち、精一杯競技に打ち込み、頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

橋本 勝也 選手

ウィルチェアー
ラグビー

今回、ネクストパラアスリートスカラーシップの奨学生になれたことに本当に感謝しています。奨学生になった以上、自分のプレーの技術等の向上とともに東北をはじめとし、全国にスポーツ文化を根付かせていくことが出来るように頑張っていきたいと思います。

2017.12.2 NPAS授与式に弊社執行役員の花咲が授与者として出席しました