40代におすすめ転職サイトと効果的な利用法を転職支援のプロが紹介

中谷充宏

監修者
キャリアカウンセラー、社会保険労務士。中谷充宏

目次

40代で転職を考えている人の動機はさまざま。

しかし、共通しているのは「この年齢で転職できるのか?」と「転職先でうまくやっていけるのか?」という危機感ではないでしょうか。

それを確実に「転職成功」に変えていくために強い味方となるのが転職サイトです。

そこで、日本トップクラスの「転職のパーソナルコーチ」中谷充宏さんに、40代におすすめの転職サイトをタイプ別に紹介してもらいました。

また

  • 40代で転職成功する人の特徴
  • 押さえておきたいポイント
  • 転職成功の実例

など専門家の視点からズバリと切り込んだ転職成功のノウハウも必読です。

プロフィール

中谷充宏(なかやみつひろ)キャリアカウンセラー、社会保険労務士。

同志社大学法学部法律学科卒。新卒入社したNTT(日本電信電話株式会社)勤務後、1社転職を経て平成16年にキャリアカウンセラーとして独立。
依頼主から直接報酬をいただいてマンツーマンで転職を支援する、日本トップクラスの「転職のパーソナルコーチ」。米国MBAホルダーや代表取締役といったエグゼクティブ層から、転職回数が多い等のハンデを背負った層まで、幅広い方々の転職支援の実績あり。また社会保険労務士として多くの企業に人材採用業務の支援を行ってきたため、企業側の採用心理や実情も熟知しています。著書に「厳しい書類選考を確実に突破するための本」、「30代40代のための転職パーフェクトガイド」(秀和システム)等多数あり。

<運営サイト>
中高年の転職の悩み相談室
https://chuukounen.com/

転職を考える40代に役立つ!転職サイト・エージェント一覧

編集部がピックアップした40代の転職におすすめの転職サイト・エージェント一覧です。
まずはこちらを参考にしてみてください。
転職に不安がある40代にとって、これだけの数の転職サイト・エージェントがあるのは心強いですね。

サイト名 掲載数 特徴
リクルートエージェント 公開約174,500件 非公開226,000件 業界最大手、求人数が圧倒的に多い
doda 約165,500件(非公開含む) 転職フェアなどのイベント開催もしている
パソナキャリア 約39,500件 キャリアアドバイザーのサポート体制が手厚い
マイナビエージェント 公開約35,000 件 非公開約 34,300件 20代・30代の求人に強いが40代も要チェック
JACリクルートメント 約13,000件 外資系企業や海外進出企業の求人に強み
Spring転職エージェント 約51,200件 アデコ株式会社が運営している幅広い求人に対応
クライス&カンパニー 約4,700件 外資系のハイクラスの転職に強い
レバテックキャリア 非公開 ITエンジニア専門の転職エージェント
MSエージェント 約6,300件 管理部門や士業に特化している
type女性の転職エージェント 約16,900件 公開約7,600件 女性に特化。正社員になるために徹底的にサポートしてくれる
LiBzPARTNERS 非公開 女性ならではのライフステージの変化に対応した求人多数
ビズリーチ 約71,800件 年収1千万の求人が全体の1/3を占める
リクルートダイレクトスカウト 約102,400件 ハイクラス向け転職スカウトサービス
ハタラクティブ 非公開 フリーターや仕事未経験者でも正社員求人へのサポートがある
ウズキャリ 非公開 手厚い就活のサポートが評判
DYM就職 約2,500件 就職未経験者でも求人探しからサポートしてくれる
Geekly 約13,500件 IT・Web・ゲーム業界に特化した人材紹介
ワークポート 約52,100件 ゲーム業界やエンジニアなどの求人が多い
スタッフサービス 約27,700件 大手人材派遣会社
Indeed 2,800,000件 求人情報に特化した検索エンジンリクルートホールディングスが運営している
とらばーゆ 約2,700,件 事務系に強い
日経転職版 約101,300件 40代以上におすすめ
ミドルの転職 約133,000件 40代~50代向けのハイクラス転職サイト

もう迷わない!40代の転職を成功させる転職サイト・エージェントの選び方

40代で転職を考える人は、

  • 収入面で不満がある、今の職種でどうもうまくいかない。
  • キャリアアップやステイタスアップを望んでいる。
  • 子育て後の職場復帰や時短勤務などを考えている

といった理由が多いのではないでしょうか。

失敗できない40代だからこそ、希望に合ったサイトを利用することは重要です。

まずは自分の希望を明確にし、転職サイト・エージェントのサービスを知った上で選ぶのが成功の秘訣といえます。

そこで、タイプ別におすすめのサイト・エージェントを転職のエキスパートである中谷さんにピックアップしてもらいました。

すべての40代におすすめの転職サイト

「大手サイトはなんといっても求人数が多いので、比較検討できる強みがあります」と中谷さん。大手を含めて数社のサイトに登録をするのは40代で転職を考えている人にはマストなのだとか。

また中谷さんは「マルチにハイブリッドも重要です」といいます。これは、マルチ=数をこなす、ハイブリッド=紹介型の転職エージェントと自分で応募できる公募型の転職サイトを使い分ける、という意味だそう。

そんな中、40代で転職を考える人全般におすすめといえるのは、「リクルートエージェント」と「日経転職版」です。

リクルートエージェント

業界最大手で圧倒的な求人数を誇る。求人数が多く比較検討ができるため幅広く求人を探したい40代におすすめ。

出典:https://www.r-agent.com/

POINT
リクルートエージェントは扱う案件が多い転職の総合デパート。どのような40代求人があるのかリサーチするにも向いています

運営会社 株式会社リクルート
タイプ 転職エージェント(大手)
求人 公開:約174,500件 非公開:226,000件
求人の多い職種 IT・Webエンジニア
営業職
クリエイティブ

日経転職版

日経グループが運営しているビジネスパーソンのための転職サイト。法人向けの職種も多い。ミドルクラス、経験者でキャリアアップを目指している人におすすめ。

出典:https://career.nikkei.com/

POINT
日経転職版は40代にはおすすめのサイトです。その理由は40代を対象とした求人が揃っているからです。管理職求人が多いのも特徴ですね。

運営会社 株式会社日経HR
タイプ 転職エージェント(大手)
求人 約101,300件
求人の多い職種 経営幹部・コンサル
事務・管理・企画
金融・不動産

40代に利用価値大の「スカウトサービス」がある転職サイト

ハイクラス向けの転職サイト・エージェントには、企業の「優秀な人材を獲得したい」という要望に合わせたスカウトサービス機能がついているものがあります。

「スカウトサービスは、キャリアを積んでいる40代で年収など待遇をアップさせたい人にはおすすめです。逆にいうと、キャリアが不足している40代は登録もできない可能性があります。」と中谷さん。

そんな中谷さんが40代に利用価値が大きいスカウトサービスのある転職サイトとして挙げるのが「ビズリーチ」と「リクルートダイレクトスカウト」です。

ビズリーチ

優良企業や一流のヘッドハンターから直接スカウトが届く機能があるハイクラスの転職サイト。キャリアアップを目指す人におすすめ。

出典:https://www.bizreach.jp/

POINT
求人の約3分の1が年収1000万円以上でハイクラスの求人に特化しているので、年収や待遇アップを狙うならまずチェックしてみるとよいでしょう。

運営会社 株式会社ビズリーチ
タイプ ハイクラス
求人 約71,800件 ※公開非公開とも
求人の多い職種 経営幹部
管理職
スペシャリスト

リクルートダイレクトスカウト

ヘッドハンティング型の転職サイト。会員登録をしたらあとはスカウトを待つだけなので、現職が多忙でも転職活動が可能。

出典:https://directscout.recruit.co.jp/

POINT
こちらの転職サイトもハイクラスの求人に特化している代表的なサイトですね。求人数も多いのが特徴といえます。

運営会社 株式会社リクルート
タイプ ヘッドハンティング型
求人 約102,400件
求人の多い職種 管理職
事業責任者
クリエイティブ

40代でさらなるキャリアアップ、年収アップを狙う方におすすめの転職サイト

スカウトサービスがある転職サイトも参考にしつつ、年齢的にターゲットをしぼったサイトや、ハイクラスの求人に特化したサイトをチェックするとよいでしょう。

ミドルの転職

年収1千万円以上の求人が1万件以上ある、ハイクラス向けに特化した転職サイト。40代で高収入の求人を狙いたい人におすすめ。

出典:https://mid-tenshoku.com/

中高年向けの案件が非常に多いので、40代で転職サイトを利用するならおすすめです。年齢層を絞っているので、キャリアアップを狙う人にとってもマッチング力も高いといえます。

運営会社 株式会社エン・ジャパン
タイプ ハイクラス
求人 約133,000件
求人の多い職種 管理職
技術職
クリエイティブ

JACリクルートメント

発祥はイギリスの企業という背景を持ち、イギリスとアジア10か国にグローバルネットワークを持つ。グローバル企業案件に強いので海外勤務経験がある人には特におすすめ。

出典:https://www.jac-recruitment.jp/

POINT
ハイクラスの求人を探している人向けで、グローバル企業や管理・専門職の求人が多い転職サイトです。ただし“売れる人材”でないと紹介してもらうことは厳しいかもしれません。

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
タイプ 大手
求人 約13,000件 ※公開非公開とも
求人の多い職種 外資系CEO
技術職・専門職
管理職

40代で未経験の業種・職種にチャレンジしたい人におすすめの転職サイト

40代で未経験の業種や職種にチャレンジをしたい場合、まずは『インディード』のような検索サイトを利用して、自分に合いそうな転職サイトを見つけるところからスタートするのもよいでしょう。

一般的な転職サイトは、それぞれのサイト内で検索を行わなければなりませんが、インディードは、Web上に公開されているあらゆる求人情報を一括で検索できます。

そのため、一般的な転職サイトよりも多くの求人情報が得られるのです。

40代で未経験の業種や職種にチャレンジすることについて中谷さんは「40代になると一般的に未経験OKの求人件数は落ちますが、前職でキャリアを積んできた人なら転職の見込みはあります」とのこと。

反面、ネガティブな理由や状況、例えば今の仕事が辛いという理由や早期退職を勧められてやむを得ずといった場合は、40代で未経験職への転職はかなり厳しくなると思っておいた方がよいそうです。

インディード(求人情報検索エンジン)

求人情報の検索エンジン。
業種や会社名などのキーワードと勤務地を入力すればそれにあった求人を検索できます。
横断的に求人を探したい人にはおすすめです。

出典:https://jp.indeed.com/?from=gnav-homepage

POINT
40代で未経験者可能な求人は全くないわけではありませんが、業種や職種は限られて求人数も減ります。よってまずは、インディードのような検索エンジンで状況を把握してみるとよいでしょう。

運営会社 Indeed Japan株式会社
タイプ 求人検索エンジン
求人 数万件 ※毎月280万件以上追加
求人の多い職種 ※Web上に公開された求人は自動的に掲載。(但しIndeedの掲載基準をクリアしたもののみ)

リクルートエージェント

業界最大手で圧倒的な求人数を誇る。求人数が多く比較検討ができるため幅広く求人を探したい40代にはおすすめ。

出典:https://www.r-agent.com/

求人数が多いリクルートエージェントであれば、未経験可の求人も相対的に数があるはずなので、まずはチェックしてみましょう。

運営会社 株式会社リクルート
タイプ 大手
求人 公開約174,500件 非公開226,000件
求人の多い職種 IT・Webエンジニア
営業職
クリエイティブ

子育て一段落などで復職を考えている40代女性におすすめの転職サイト

40代で復職を考える場合、例えば保育士など専門職で探したいならまず職種特化型転職サイトをチェック。

加えて、女性に特化した転職サイトがおすすめです。

女性の転職に特化したサイトはライフイベントと就業についてなど気軽に悩みを相談できる女性コンサルタントがいるケースが多いため使いやすいといえるでしょう。

中谷さんは「40代の女性が復職をする場合、最初はあえて派遣を使うのはアリだと考えます。なぜなら派遣の仕事で経験を積めばそれはキャリアを積みなおすということにもなるからです」とアドバイス。

派遣専門サイトと女性に特化した転職サイトを併用するのも良いでしょう。

とらばーゆ

女性特化型といわれる転職サイト。女性ならではのライフイベントを考慮した求人も多い。自分のライフスタイルに合った働きやすい職場・仕事を見つけたい女性にもおすすめ。

出典:https://toranet.jp/t/r/T100010s.jsp

POINT
リクルートが運営しているとらばーゆは女性に特化しているサイトの中では老舗で、事務系の仕事ならとらばーゆといわれた時期もありました。そのため女性が転職を考える時には参考にすると良いでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
タイプ 女性に特化
求人 約2,700件
求人の多い職種 オフィスワーク
コスメ・アパレル販売系
医療事務・医療

type女性の転職エージェント

女性の転職に特化したサイト。キャリアカウンセリングも実施しているので復職についての悩みなども相談できる。 女性のワークライフバランスに詳しいエージェントが在籍。

出典:https://type.woman-agent.jp/

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
タイプ 女性に特化
求人 約16,900件 (うち公開約7,600件)
求人の多い職種 営業
管理企画マーケティング
システムエンジニア

職業特化型のおすすめ転職サイト

40代で専門職についている人が転職を考える場合、その職業に特化している転職サイトで探せばマッチング力も高くスピーディーに転職できる可能性が高くなります。

とはいえ注意点もあります。
「専門職の中でも医療系はニーズが高いので、職業特化型の転職サイトに登録をすれば話は早いはずです。その他の専門職も似た傾向があります。

ただし、転職を急がない場合は、慎重に検討した上で転職サイトに登録するのがよいでしょう。

なぜならニーズが高い職種である分、スカウトメールなどが大量に届き、現状の仕事に差し支えることもでてくる可能性があるからです」

MSエージェント

管理部門・士業特化型のエージェント。求人の割合は非公開が90%を占めるので、MSエージェントでしか扱っていない求人が大半。現在士業、管理部門の仕事をしている人にはステップアップも期待できるのでおすすめ。

出典:https://www.jmsc.co.jp/

POINT
MSエージェントは公認会計士などの士業や管理部門に特化した転職エージェントです。専門職の方がキャリアアップを狙う場合にもおすすめです。

運営会社 MS-Japan
タイプ 士業に特化
求人 約6,300件
求人の多い職種 士業
管理部門
経理・財務

マイナビDOCTOR

大手人材会社の株式会社マイナビが運営するドクター専門の転職支援サービス。非常勤の求人数が多いことが特徴。専門科目ごとの求人紹介があるので環境を変えたいドクターにおすすめ。

出典:https://doctor.mynavi.jp/

POINT
医師が転職を考える時、診療科から探すことができ、求人数も豊富です。

運営会社 株式会社マイナビ
タイプ 医師に特化
求人 非公開
求人の多い職種 医師

実態調査で見る40代の転職と押さえておきたいポイントを専門家が解説

ここから、40代の転職状況を知っておきましょう。

厚労省HPの表を元に、40代で転職サイトの利用を考えている人が気になる部分をわかりやすくグラフ化および表にしています。

転職しやすい業界や職種はどこ?

今後3年間の転職者の採用予定を見ると、「転職者を採用する予定がある」事業所割合は 53.3%という結果です。

産業別にみると「建設業」「運輸業、郵便業」「情報通信業」などが多いです。

一方で金融業やガスなどのインフラ系の企業は、時間をかけて人を育てるという仕組みができ上がっている、という理由から転職者の受け入れには、積極的ではないことがわかります。

※出典:「令和2年転職者実態調査の概況」 調査結果より

40代で転職した人に多い「退職理由」は?

下のグラフは転職者が前職を退職をした理由の回答をグラフにしたものです。

「厚労省 令和2年転職者実態調査の概況」 調査結果より

40代前半と後半で少し理由に差がでています。

40代前半では、仕事内容に不満がある人が多く、これは異業種、異職種への転職を考える人の理由とも重なる部分が大きいと考えられます。

40代後半では、「賃金が低い」ことや「能力などを正当に評価されない」ことを理由として挙げた人が増えています。こういった理由で退職した人はハイクラス、キャリアアップ転職を目指すという流れになるでしょう。

また、30代以下では少ない介護離職もこの年代からは増えてきます。

40代で転職した人はどんな転職活動をしたか

転職した人のうち、転職活動を行った人の割合は40代で59.1%。実際にどんな転職活動をしたかを表にしてみると見ると、やはり求人情報を元にしている人が多いようです。

「厚労省 令和2年転職者実態調査の概況」 調査結果より

また、転職準備として行ったことを調べた結果では、40代で多いのが「産業・職業に関する情報等の収集をした」のほか、「資格」に関することを行っている人が多いようです。

「厚労省 令和2年転職者実態調査の概況」 調査結果より

この傾向について中谷さんは次のようにコメントしています。
「資格のための勉強や資格・免許の取得を行ったというのはよいことだと思いますが、その資格がそのまま転職に大きく役立つのかといえばケースバイケースです。もちろん勉強をするのは素晴らしいですが、だからといって実務経験がないのに資格だけを持っていてもそれが実際の仕事で役に立つのかというところを採用担当は見ますから」

また中谷さんによると、自分の力だけで転職活動を行うのは難しいこともあるそう。

表でみると、転職が難しくなるとされる40代後半ではキャリアコンサルティングを受けたという人が多くなっているのも、それを表しているようです。

40代の転職では自分にあった転職サイトを有効活用することはもちろん、キャリアコンサルティング、適正・適職診断など専門家のサポートをうけることを含め、より幅広い転職活動が成功のカギを握っているといえます。

ズバリ!専門家からみた40代で転職成功する人の特徴

40代の転職を多く見てきた中谷さんに、転職が成功する人の特徴を聞いてみました。

一般的には、明確な目的をもって、事前準備をしっかりする人や、自分の強みをしっている人が成功するとよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

中谷さんの答えは、「それらはもちろん必要ですが、40代で転職成功する人に共通した特徴をあげるなら、メンタルが強い人ですね」とのこと。

中谷さんによると、40代の転職はハードルが高くなるのは事実で、応募しても不採用が続くことも考えられるため、メンタルが強くないと成功まで行き着かずに諦めてしまう人もいるそうです。

「もうひとつは準備をしている人。といってもこれは転職のためのリサーチをしっかりするといった意味ではなく、キャリアをきちんと積んで、日頃からステップアップのために準備をしている人ですね。たとえば、転職に向けて資格取得の勉強をはじめるのではなく、日常的に得意な語学のブラッシュアップを続けている、そういった意味合いです」。

さらには、上手に他人を活用することも大事だといいます。

企業からすると40代を採用する理由は、既存の社員にはないスキルや人脈などを提供してくれる人材を探しているからです。

そのため、転職者は自身が企業が求める人材であることを、しっかりアピールする必要があります。

「だからこそ、応募する企業についての知識も必要ですし、アピールするために自分を客観的に見られることが不可欠です」

応募する企業がどういった人材を探しているのか?は転職エージェントからヒアリングする、自分を客観視するためにはキャリアアドバイザーに相談してみる、など一人で転職活動を進めるのではなく、サポートしてくれる専門家を活用することが成功への近道です。

40代が転職サイトを使うべき理由とは

40代が転職サイトを利用するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

転職サイトを使えば、自分が求めている転職先が見つかる可能性が高い

中谷さんがこんな例をあげてくれました。
「管理職の男性でキャリアも申し分ないし、それまで勤めていた企業も大手でした。それなのに一向に転職先が決まらないという。よくよく話しを聞いてみると、その男性はハローワークへ相談に行っていたそうです。ハローワークが悪いというわけではありません。ただその男性に合う企業がハローワークでは紹介できなかったということです。彼は転職エージェントを使うことでその後無事に転職が成功しました」。

最初から彼に合った転職サイトを使っていれば、そんなに苦労しなかっただろうと中谷さんはいいます。

自分自身の価値を知り、希望を明確にするきっかけになる

「たとえばハイクラスの転職サイトは一定の条件をクリアしないと登録ができないサイトが多いものです。そのため人によっては登録すらできないこともあります。
しかし、『登録できなかった』と嘆いたり、それで諦めてしまう必要はありません。逆説的な考えになりますが、ハイクラス転職サイトに自分が登録できなかった、つまり己を知ることができたと前向きにとらえれば良いのです」

それをきっかけに、「自分はどういう転職をしたいのか」ということを見つめ直す機会にもなり、転職セミナーに参加する、キャリアコンサルタントなど専門家のアドバイスをもらうといったことに前向きになれるかもしれません。

転職市場での自分の価値や、自分の意志を再確認した上で、自分に合った転職サイトに登録することが転職成功へのスタートといえそうです。

40代が転職サイトに登録する前にしておくべきこと

40代が転職サイトに登録をする前にしておくべきことについて、中谷さんは3つのポイントを挙げてくれました。

それは

  • 自分を客観的に見られるようにする
  • 転職の理由や目的を明確にしておく
  • メンタルを鍛えておく

です。

自分を客観的に見られるようにする

「普段の生活の中では自分を客観的に見る機会はなかなかないので、自分にできること、得意なことや強みをいきなり文章化するのは至難の業です。また自分に何ができるのか、自分は本当にこの仕事に向いているのかなど悩んでしまうかもしれません。

しかし、転職サイトをうまく利用するため、そもそも応募をスムーズに行うためには自分を客観的に見られることが不可欠です。

難しいと感じたらキャリアカウンセラーなど専門家に相談してアドバイスをもらい自分の強みなどをまとめておく作業をしておくのもよいでしょう」。

転職の理由や目的を明確にしておく

「自分を客観的に見ることにも関係しますが、転職の理由は必ず面接で尋ねられるので、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

そして、「なぜその企業に応募するのか」「自分はそこに採用されたらどんな仕事がしたいのか・できるのか」までを明確にしておくことで、登録してから早い時期に面接が決まった場合も成功率を高めることができるでしょう」

メンタルを鍛えておく

「40代で転職に成功する人の特徴として「メンタルが強い人」と先に話しましたが、これは本当に大事です。

人によっては1・2回目の応募で決まる場合もありますが、大抵の人は落ち続けると思っていてください。

不採用が続けば誰でも凹みます。それが転職活動に悪影響を及ぼすこともあるので、日頃から意識してメンタルを鍛えておきましょう」

40代が転職サイトを使う時はシンプルかつ慎重に

転職サイトを使う時にどこをチェックすればいいのか、どこを見ればいいのか迷ったことはありませんか。

中谷さんによると「40代が転職サイトを使うなら、難しく考える必要はなく、とにかくシンプルに考えればOKです。具体的にいうと自分の経験が生かせるとか、自分の希望に合っている、などをチェックすればいいだけ。事務系の仕事を探している人は技術系の仕事についてまでみなくていい、要はそういうことです」。

また、「もう迷わない!40代の転職を成功させる転職サイトの選び方」では、複数の転職サイトに登録することもおすすめしていますが、40代が、複数の転職サイトに登録をすることについて注意点などはないのでしょうか。

「複数のサイトに登録する時に注意したいのは 『応募』です。応募は記録が残るので慎重に行いましょう。案外やってしまいがちな「応募書類の使い回し」、これは絶対に避けてください」

未経験からハイキャリアまで40代転職成功の実例

中谷さんがキャリアカウンセラーとして携わった案件で、未経験から営業を希望して成功した例とハイクラスの転職を成功させた例を挙げてもらいました。

営業未経験の男性が当時ベンチャーだったペットの保険会社に営業で転職成功した例

「成功した理由はいくつかありますが、一番大きかったのは人柄ですね。
ほんとうに実直で真面目な男性でした。最初から営業をやってみたいという希望を持っていて、仕事へのポリシーもきちんと持っていたのも良かったです」と中谷さん。

「その男性の仕事へのポリシーは、『お客様をだますような営業は絶対にしたくない』でした。僕からは面接でそのことをしっかり伝えてくださいねとアドバイスしました。
それである会社に面接に行き、人事部長が理解を示し最終面接まで行ったのですが、そこで社長から『きれいごとを言うな、営業は時には客をだますこともあるだろう』といったような話をされたそうです。それでその男性は、ああ、この会社はだめだと思ったと。僕はそれがわかっただけでも良かったですね、とその男性に伝えました。」

男性はその後別の会社の面接で自分のメッセージをきちんと伝えた結果、希望の条件で採用となったそうです。

ハイクラス企業への管理職転職が成功した女性の例

「この女性は元々大学で英語を勉強していて、語学力という強みはあったものの、私生活で親の介護や配偶者に振り回されて仕事どころではない日々だったのです。でもそんな環境の中でも、自分のやりたい事が明確でした」

「といっても最初はキャリアが足りなかったので、派遣で貿易事務の仕事をして下地を積むところからスタート、徐々にスキルを磨きキャリアも積んでいったのです。そしてポジションを上げていき、最終的には48歳である外資系企業の部長として採用されました」

中谷さんによると、彼女は厳しい環境の中でも努力をし、実績もあげてプロフェッショナルとして認められた結果、転職に成功したパターンだそう。

2つの実例からは、「転職に際しては、自分のポリシーややりたいことを諦めない」ことが大切だということが伝わってきました。

【まとめ】

40代におすすめの転職サイトやその活用法を中心に転職のエキスパートに解説してもらいました。
以下は中でも重要なポイント。しっかり心に留めて転職を成功させましょう。

○40代の転職は決して簡単ではないので、自分の力だけでなんとかしようと思わず、転職サイトやキャリアカウンセラーを有効活用して転職活動を行うのがおすすめ。

○できるだけ多くの求人から自分にマッチした転職先を選ぶため、転職サイトは自分のニーズに合ったサイトと求人数の多い大手を組み合わせて使う。

○40代では転職活動で凹むことも多いので、メンタルを鍛えておくこと。また、日頃からキャリアをきちんと積んで、ステップアップを心がけておくことが転職成功につながる。

カテゴリー一覧

債務整理

債務整理アイコン

交通事故示談

交通事故示談アイコン

不動産売却

不動産売却アイコン

転職エージェント

転職エージェントアイコン

転職サイト

転職サイトアイコン

TOP