事例紹介

新外交イニシアティブ様

広報面の強化で、
今まで以上に大きく広く、
羽ばたいていける。

猿田 佐世 弁護士×スタイル・エッジ

ファンドレイズの課題を、
見事にクリア。
メディアへの露出も広がった。

猿田弁護士:もともとスタイル・エッジさんにお願いしたのは、お付き合いのある弁護士の先生からの紹介でした。ファンドレイズに関して相談させていただいたのがはじまりですね。

スタイル・エッジ:そうですね。最初にお会いしたのは、2015年の夏頃だったと思います。

猿田弁護士:私達は、外交の活動で海外に行くことも多く、扱う案件の規模も大きい。だから、広く充実した活動を継続的に行うために、安定したファンドレイズが必要でした。そこでスタイル・エッジさんにご相談させていただいたんです。

スタイル・エッジ:安定したファンドレイズのためには、寄付金を募るという方法もありますが、まずは年間有料会員を増やしてはどうかというご提案をさせていただきました。
そのためには、当然団体名を打ち出し、活動内容をアピールして認知度を向上させるのが良いのですが、まず、私としては、猿田先生とお話をしていく中で、活動についての熱い想いを感じました。そこで、猿田先生の熱い想いを広める方法として講演会を開催されるのが良いのではと考えました。

猿田弁護士:本当は自分だけが前に出るのは好きではなかったのですが、これが本当に大成功。テレビや本など、メディアからの取材依頼も増えましたし、可能性は大きく広がりました。

スタイル・エッジ:本当に良かったですよね。猿田先生が抱えていらっしゃった課題や事業内容を踏まえ、どうすることがベストなのかを考えました。狙いが当たり、結果として大きな成果をあげることができました。私たちもとても嬉しいです。これからも継続的に、ブランディングの部分を伸ばせるように支援させていただきたいです。

クライアントではなく、
チームとして動く。
だからこそ深く信頼できる。

猿田弁護士:スタイル・エッジさんは、常に親身になって対応していただけるのがありがたいです。急なお願いや、こんなことまでお願いしていいのだろうかと思うようなことまで、すぐにやっていただける。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

スタイル・エッジ:私たちもすごく勉強させていただいています。

猿田弁護士:こちらの悩みをお話した時に、「絶対うまくいくからこうしなさい!」という高圧的な感じではなく、チームとして一緒に解決策を模索していく感じが良いですよね。

スタイル・エッジ:コンサルティングにマニュアルがあるわけではないので、まずはニーズをしっかりお聞きすることを心がけています。あとは、どれだけスピードを上げて解決できるか。スピードは、私たちのキーワードになると思います。

猿田弁護士:実際に会員増につながっていますし、広報面で安定した支援をしていただいているので、難しいイベントの開催にも躊躇なく踏み切れるようになりました。今後もアドバイスやご協力をいただければ大変助かります。

スタイル・エッジ:方向性や実績に関して、随時検証をしながら、私たちとしても新しいことにチャレンジできればと思っています。