事例紹介

弁護士法人・響様

組織の安定と発展が、
より良い世の中をつくる
エネルギーになる。

代表 西川 研一弁護士×スタイル・エッジ

献身性と結果へのこだわり。
絶対に裏切られないという
安心感がある。

西川弁護士:就職が困難になってきている若手弁護士の受け皿となるために、弊所としては経済基盤を確立させて、組織的にも充実させていくことが必要でした。そんな時に、知人からスタイル・エッジさんを紹介され、コンサルティングをお願いしました。

スタイル・エッジ:いま採用支援の面では「新卒採用」と「弁護士採用」のコンサルティングがメインになりますね。響グループの強み、弱み、社員のみなさんの特徴を洗い出すことを最初にやりました。その上で、どのような成長を希望されているかといった展望を共有し、そのためにはどのような人材が必要なのかという部分を一緒に深掘りしていきました。

西川弁護士:弁護士として多くの人を救いたいという想いがあり、そのために弁護士を多く採用し、規模を大きくしていきたいという展望がありました。それを実現するためのサポートをスタイル・エッジさんにお願いしています。ご支援いただく中で印象的だったのは、スタイル・エッジさんは他社とは異なり、何をどこまでやるのかが非常に明確で、提案内容も具体的だったことです。

スタイル・エッジ:先生の想いや目指すべき方向性を正しく理解し、何をすべきかを考え抜いたうえでご提案するように常に心がけています。採用では、響グループの視点と第三者の視点の両方から強みを検討し、魅力的に見せるアプローチの仕方を模索しました。業界の採用動向や司法修習生の状況も事前に把握し、求める人物像の設定やそれに合わせた選考内容の構築、そして採用活動を行うメンバーへの情報共有を密に行ったりしました。選考過程で響グループの魅力をブレずに伝えきることができていると思います。

西川弁護士:とても細やかにサポートしていただき、組織の確立の面で大きく前進することができました。本当に感謝しています。

スタイル・エッジ:企業にとって、特に新卒採用は、未来への最大の投資だと思います。成功するか否かによって成長速度に大きな影響が出ますので、「絶対成功させる」という気概と責任を持って取り組んでいました。ですから、内定承諾者が目標人数に到達したとき、「これで事務所が次のステージに進めます!」というお言葉をいただいた時は本当に嬉しかったです。

西川弁護士:稲葉さんをはじめ、スタイル・エッジさんからは、役に立ちたいという強い想いが常に伝わってきます。この献身性と結果へのこだわりは、他社とは圧倒的に違うところだと感じます。

スタイル・エッジ:クライアントと考えていないところが大きいのだと思います。響グループのみなさんは、私の中では「クライアント」ではなく「仲間」です。課題をどう解決すべきか常に考えていますし、みなさんとコミュニケーションの機会を増やすことは意識しています。時には厳しい意見や指摘をさせていただきましたが、応募者が続出した際には本音でぶつかってよかったと思えました。

西川弁護士:そうやってしっかり入り込んでくれるからこそ、打ち手をいくつも考えられるのだと思いますし、なにより裏切られない安心感というものをすごく感じますね。コメントして終わりという会社とは絶対的に違うところだと思います。

最高水準のリーガルサービス。
それが実現できるのは、
組織の発展があってこそ。

西川弁護士:採用活動、新人教育などが大きく改善できたことで、強固な組織づくりが完成しつつあります。さらに、集客やキャッシュフローを改善するための広告・コンサルティングの支援でも成果が出ています。とりわけ広告戦略を通じた集客の成功により、経済的基盤の確立はもちろん、当社の経験値も大きく蓄積されてきました。それが、相談者様に対して最高水準のリーガルサービスを提供することにもつながっています。

スタイル・エッジ:相談者様へのサービス向上に繋がっていることは一番嬉しいことです。集客や業務フロー改善、人員計画、組織編成のところでは、もっともっとスピード感を持って、その時その時のレベルに合ったご提案を続けていければと思っています。

西川弁護士:成長スピードは大事になると思っています。今後、更なる発展を目指すうえで、国内の支店を増やし、3年以内に海外へ展開したいと考えています。弁護士の数も5年で400人規模にまで増やすという大きな目標があります。事業分野の開拓や組織拡大などについて、積極的な提案と実行を引き続きお願いしたいです。

スタイル・エッジ:はい。是非よろしくお願いします。私たちは弁護士のバッジを持っていませんが、先生たちの人権活動を支えることで、世界をより良くしていけると強く思っています。響グループの経営を守り、従業員を守り、従業員の家族まで守っていくために何が必要か、常に一歩先を考え、実行して行きたいと思っています。